ひどくなる前に歯科で治療を受けよう

虫歯は、放っておくと歯の根っこまで達することもあり、そうなってしまうと激痛を伴うこともありますし治療も歯の根っこを取ってしまう根幹治療が必要になってきます。出来るだけ歯科医の定期検診を受け、早期発見・早期治療できることが理想です。

こんなにも違う!虫歯が悪化したときの治療と早期治療ができたときの違い

悪化すると根幹治療が必要な場合も

虫歯を放置すると歯を削るだけでは済まず、歯の根っこを取る処置が必要になってしまうことがあります。歯の根を取ってしまうと、その後の歯の持ちが悪くなってしまうことがあります。

早期発見出来たら治療も最小限で済む

歯の表面が少しとかされた程度の虫歯になりかけの歯の場合は、歯を削るなどの処置をせずにブラッシング指導、フッ素塗布などで様子を見ることもあります。フッ素塗布で歯の再石灰化を促し、治る場合もあります。

悪い歯並びや歯に汚れがあると口腔トラブルを招きやすい

虫歯の原因となるのは、歯に付着した食べかすや糖類であることがほとんどです。それらのものは、虫歯菌に栄養を与え活動を活性化させてしまいます。歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく折角歯磨きをしても歯垢が取り切れず、口内環境の悪化を招きやすくなってしまいます。

歯並び改善のために行われる治療法

マウスピース

矯正器具を使った矯正治療

歯の矯正というと針金を使った器具を歯につけている図を想像する方が多いと思いますが、やはり歯の矯正というとこの方法が一般的です。自分の歯を削ったり抜いたりせずに歯の位置を器具で矯正していくことができますが、時間が掛かる事が難点です。

ラミネートベニアで隙間を埋める

前歯の隙間が気になるなど矯正するほどでもない、もしくは矯正にかかる時間がイヤだといった場合に有効なのがラミネートベニアです。自分の歯を少し削り、その上に薄いセラミックの板を張り付けることで隙間を目立たなくします。更に、歯も白く見えるのでホワイトニングにもなります。

差し歯で歯並びを改善する

差し歯を利用して歯並びを改善するという選択肢もあります。矯正器具を使って行う矯正よりも時間が掛からずに済むことや歯の位置を動かす矯正と違い、元に戻ろうとするいわゆる後戻りがないのがメリットです。

マウスピースでの矯正

近年、世界的に注目を浴びている歯の矯正治療方法としてインビザラインが挙げられます。透明なマウスピースを使用して歯列を矯正する方法です。従来の矯正器具を使った方法と違い、取り外しができるので外して歯磨きを行う事ができ、透明なので目立たないといったメリットがあります。

横浜で審美歯科のことならこちらへ★

歯の見た目が気になっているなら審美歯科へ通うのがベスト

歯科矯正

歯の症状に合わせて受診する歯科を考えよう

歯医者と一口に言っても虫歯などの治療が得意だったり、審美歯科に力を入れていたり、医師によって得意分野は変わってきます。矯正歯科を掲げていたりしてもその医院の先生は専門ではなく、月に数度専門の先生が来て対応しているといった医院もあります。自分がかかる内容に特化した歯科医院を選ぶと安心です。特に、矯正歯科や審美歯科などは専門性が高いのでかかる際に調べておくと賢明です。

白い歯

審美歯科はホワイトニングが得意

きれいに見える歯の条件として、歯並びがいいというのと同時に歯の色が白いということが挙げられます。その為、審美歯科では歯の白さを求める方も多く、ホワイトニングも人気メニューの一つです。ホワイトニングには、自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行ってもらうオフィスホワイトニングがあります。どちらにも利点があり、歯科医の説明を聞いて自分に合うものを選ぶことが大切です。

インプラントなら大分のこちらの歯科院がオススメ☆

練馬区にある小児歯科の専門クリニック! 歯医者なら四日市のこちらへ☆

広告募集中